読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

裕翔、またも文春

裕翔がすごく好きです。

好き、でした。

もちろん今も応援したい。


裕翔が泥酔状態で路上の通行人女性に抱きつき、通報されるという事件が文春に載りました。


あえて茶化して書きますが、私これ同じ経験あるんです。大学時代、バイト帰りに携帯いじりながら歩いていたら後ろから突然覆い被さられました。いや、冗談抜きにね、「えっなに?!殺される!!!」って思いましたから(笑)結局覆い被さられたのか、ただフラついていて電柱にすがりつくみたいに私に体重をかけて立とうとしたのか真実は分かりませんが、「ぎゃー!!!」と叫んでカバンを振り回したら、そのおじさんの顔にバーンと当たり、おじさんから鼻血が出て、おじさんがしりもちついて。小心者なので逆に「怪我させてもた!」て私焦ったんですよ。

で、駆け寄って、「本当にごめんなさい!ごめんなさい!」と言うと、おじさんも「ちがうんです!誤解です!わたくしこそ本当にごめんなさい!」と土下座され、おじさんがめちゃくちゃお酒くさかったし、ろれつが回ってないし、何より見た目的に(気の弱そうな背の低いおじさんでした)「あっ痴漢ではないな」と判断したんです。わたしも上下ジャージで、決して綺麗な女子大生では無かったですから、ティッシュ渡してその場を去ったんです。

次の日、親に電話でこのことを話し、「昨日のおじさん超酔ってたから駅まで送ろうかと思ったけど、めんどくさいからほっといた。ひとりで帰れそうもなかったし、あの場で死んでないかなーと後から心配になったんだ」と言うと、母が「あんたいいかげんにしな!警察とか近くの人とか第三者に間入ってもらわないと!相手が頭おかしかったら殺されとるよ?!東京こわいとこなんだから!」とブチギレてきて、えっ?(笑)おかあさん怒ってるなんで(笑)って笑いました。

…「笑いました」。今は笑えません。わたしも大人になり、そのくらいの分別はつくようになりました。


そのおじさんが果たして「夜道で女の子を狙った」のか「たまたま女の子にぶつかってしまった」のかが重要なのではなく、要は女性ですから、誰が相手であろうとどんな理由があろうと突然見知らぬ人に抱きつかれるなんて「怖い」んです。驚きます。「お酒に飲まれてたなら無意識だから仕方ない」、「相手がイケメンアイドルでラッキー」という解釈は、きっと当事者じゃないからかな。


裕翔は、年齢的にも、お酒の限界の分からない年です。大学のサークルで飲みつぶれてる学生もいる。裕翔以外にも全然いる。(大学のサークルの飲みの方が、周りが介抱してるだけマシだけど。)じゃあなぜ裕翔だけがここまで責められるのかって、裕翔はそういう仕事をしているから。信頼やイメージでお金をもらってるから。アイドルなんだから。「この年齢で飲み潰れるなんて誰にでもあること」、そう思って自分をかばうなら、きっとこの仕事向いてない。

お酒や恋愛や、みんなが当たり前にできることが制限されるのは確かに気の毒だけど、その仕事を選んでるんだもん。評価されたいなら、諦めないといけない欲望もあると思うんです。


私が一番気になっているのはメンバーです。プロ意識が高く、写真流出などのない山ちゃんとかって今回のことをどう受け止めたのだろう。SMAPの草𦿶くんが泥酔騒ぎを起こした時、あの時はもう逮捕されちゃったから謹慎したけど(そう考えると裕翔が逮捕連行されなかったのもギリギリセーフなだけ)、わたしはSMAPのメンバーの「草𦿶くんを待とう、守ろう」っていう気持ちを感じました。それを言い換えると「絆」。JUMPの中に、あの時のSMAPのそれと同じくらいの「絆」が、確立されてるんだろうか…。メンバーにひとりでも「ばかだな裕翔。俺は知らねーぞ」って思う人がいるなら、まだJUMPはSMAPの絆に達してないのかな、なんて。


生真面目な性格がストレスを溜めすぎて、お酒を飲み過ぎちゃったんだろうけど、人に怪我をさせたり怖い思いをさせるのはアイドル以前に1人の人間としての落ち度です。そりゃ同情もする。文春に狙われてるのも本当に気の毒だし胸が痛い。でも裕翔。このままじゃ見放されちゃうよ。心を入れ替えないと、生活は変わらないよ。


はてなブログでいろんな意見を見て、どれも頷けるし、どれも正しい。やっぱり共通してるのは、少なからずの失望とこの先の心配。

みんなJUMPが大好きなんです。不安にさせないで。


せっかくこんなに愛せたんだから。