読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

年代別ジャニオタの使命

「若いJUMP担は拒否」や「新規ムカツク」などの声がよく聞かれますが、わたしはジャニオタを続けてきてそう思ったことがありません。それぞれの役割があるから、自担のブレイクのためにはどの年齢層からの支持も欲しい。ジャニオタである私たちの、年代別の使命。「できることをできるだけ」やるのが私のポリシーです。そんな心境を私なりにまとめてみたの巻。

<年代別ジャニオタの使命>

10代ジャニオタ
10代ジャニオタの強みはSNSに尽きる。画像などの視覚的魅力をどんどん拡散しよう。(していいかどうかは別として。)特に学生は横のつながりが強い。大人になると各々の生活があるから、毎日同級生と過ごすあの横の強さは失われてしまう。そして20代になってからはもう「あの人は◯◯が好き」というそれぞれの好みが確立しちゃうので、柔軟な今のうちに自担の魅力を発信・共有しよう。ツイッターのトレンド入りとか正直君たちの手にかかっている。w
ただ、ソースの怪しいエピや事実と異なる創作には充分に注意すべき。あと横のつながりが強すぎて、ファン同士でツイ内容でモメるとかも痛いから気をつけて。

20代ジャニオタ
結婚前まではお金を落としまくろう(爆)10代の時はできなかった「売上の貢献」が、社会人になると一気に可能になる。そして担当に一番直接的に影響できるのがこの売上なのだ。なんだかんだ言って自担を押し上げるのは「売上・評判・視聴率」。ここでいう評判というのは、世間の評判よりも業界内の評判が重視される(世間では嫌われていても、番組制作側から嫌われキャラとして評判が良ければいくらでもテレビに使ってもらえる)。視聴率はある一定の条件を満たした人しか貢献できないので、自分が力になれる最大の手段は売上だ。
ちなみに経験からいうと20代が一番ジャニオタから離れるタイミングが多いと感じた。「仕事がきつい」か「恋人ができた」のどちらかでオタ活から離れる人多数。ここで振り落とされなかったら貴方は一生ジャニオタ。

30代ジャニオタ
個人的に思うのは、30代ジャニオタに一番ブログを書いて欲しい。もう30代となると良い情報と悪い情報の取捨選択ができるようになっていると思うし、スキャンダルなどのソースの怪しい情報をガーッと拡散することはなくなっているはず。古株さんが多いのもこの30代。古株さんが正しくて面白いブログを書いてくださると、私たち新規のインプットする内容もより正確に、より充実してくる。あと何より、古株さんのコンサート感想、観覧レポなどはめっちゃおもしろい。
ジャニオタには歓声を上げる、カンペうちわを作るなどの能動的で熱いオタが多いと思われがちだが、冷静なオタは確実に需要がある。整理のついた常識的な文章で、スキャンダルにも動じない的な。この冷静なオタ枠は、自担の活動の邪魔をしないし、例えば山田涼介のラブシーンでも相手役を叩くなんて幼稚なことはしないだろうから。…ていうかアラサーのわたしがこないだまで、いのちゃんのキスシーンにざわついていたくせに、どの口が言ってんだ(笑)

40代ジャニオタ
40代ジャニオタの方に求めるのはただ一つ。後世にジャニーズの素晴らしさを伝えるため、お子さんと共にジャニーズを応援してください!!!学生にあった横のつながりとは逆で、この世代は縦のつながりが強固なのが特徴。わたしも10代の時に、40代の母につれられてKinKiのコンサートに行ったんだよ。あれが初めてのジャニーズエンターテイメントだったよ。お母さんありがとう。私、立派な茶の間になりました(違う)
CDを子供とシェアする。一緒に自担の番組を観る。子供との生活の中に存分にジャニーズを取り入れて、縦に縦に広げていってほしいですね。



偉そうに書いてみたけど、うん、読み返さない(笑)読み返さない勇気、必要です。勢いでアップするね。これからもアラサーJUMP担として、いのちゃんと光くんのために、9人みんなのために、わたしはわたしの使命をまっとうするだけです。お金無いけどさ。過程より結果。結果とは数字。数字にこだわっていこう。