車魂DVD初動

車魂DVD初動売上15万枚突破、おめでとうございます!!! あちこちで言われているJUMPの勢いってやつが、数字になって現れると嬉しいですね。ああ、まやかしじゃないんだって思えました。流行ってないものがあたかも流行っているように操作できちゃう情報社会だから、JUMPも「推されてるだけ」なんて言われちゃうのが怖かったんですけど、この数字見たらそれは違うなって。これほんとに階段登ってるやつだって。そう実感できて良かったです。とっても。

形態を増やして売上伸ばすドーピング的な手法は賛同しかねますが、それでもBlu-rayくらいは出してほしいなあ。楽屋風景とかケータリングの様子とかもあればもっとトキメキますね。あまり贅沢言うべからずかな?求めすぎないことかな。

もちろん勢いは続いてますので、今年は24時間テレビのパーソナリティーは単独でJUMPにやってほしいですし、24時間テレビ内のスペシャルドラマは裕翔にやってほしいですし。山ちゃんに連ドラもやってほしいですし光くんに舞台やってほしいですし伊野尾ちゃんにバラエティのレギュラー欲しいですし、それぞれ期待しかないんですけど。2016年もJUMPくんはさらに飛躍してくれるでしょう。

話はガラリと変わるんですけど、私ワールドカップって嫌いなんですよ。にわかファンの大騒ぎがうっとおしくて。勝とうが負けようがスクランブル交差点で騒ぐじゃないですかあいつら。だからハロウィンも嫌いだし音楽フェスも嫌いなんですよ。本当にサッカー楽しみたいならスポーツバーなんか行かず家で黙って一人で見ろよ と。私も学生時代は邦ロックに明け暮れてまして(ごっちと一緒だね♡くるりのコピバンしてたよ♡)、でも音楽フェスは嫌いだし行ったことありませんでした。ライブは行くけどね。フェスで大して音楽詳しくないくせに見知らぬ人とウェーイとかいって仲良くなって酒飲んで肩組んで…なんて奴は無理無理。音楽聴きにいくんだから。おまえらがうるさくて聞こえねえから。…って思ってました(許してください過去の話です)



でも学生時代を終えてですね、社会人なって子供2人産んで。KinKiファンのジャニオタが一回どっぷりロック挟んでまたジャニオタに戻ってですね。だんだん気付くんですよね。売れるというのは、にわかが増えるってことなんだって。私もにわかなんですよ。JUMP新規でほぼ茶の間ですから。だからワールドカップで大騒ぎする若者も、ハロウィンでハメ外しちゃう学生も、野外フェスでナンパしちゃうチャラ男くんも、その文化を文化として確立させるためには必要な存在だったんですよね。
「新規うざい」「にわかうざい」ってコアなファンの方は感じると思うんですよ。でもこれは何かがドーンと爆発的に流行る前に必要なプロセスだということなんです。「なんかつまんない新規JUMP担のブログ増えたな」とか、「顔ファンのくせにツイのプロフィール画像を自担の顔にしやがった」とか、そう思う方がいらっしゃったらそれはJUMPが売れ始めてる証拠です。

私もね、「ワールドカップで騒ぐ にわかの奴ら」て言うことで斜に構えて、あたかも自分が正しいかのように持論をふりかざしてましたけど、あれ私 間違ってたんだなって。そう思うようになったんです大人になったんです。
JUMPもにわかが増えて、にわかがお試しで一枚ずつ買って、そんな小さな積み重ねが今回の初動枚数に結びついたんだと思ってます。なんなら車魂DVDまで待てなかった私のような新規がsmartを買ったので今更smartの枚数が上積みされてるんだと思ってます。

Hey!Say!JUMPの明るい未来のために。
一般認知が広まって、一般層からの支持が集まって、
JUMPが国民的アイドルになるその日まで。
にわからしく微力ながらでも、彼らの背中を見守っていけたらなと心からそう思います。