読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

関ジャニクロニクル〜いきなりドッヂボール

関ジャニクロニクルの、いきなりドッヂボールという企画が好きすぎる。

何回見てもおなかを抱えて笑い転げてしまう。

正直いたジャンスタッフに見せたい(誰)ケーキ屋のウェルカムボード作って誰が笑うかって話だ(おい)


そして企画が最高なのはもちろんのこと、関ジャニ∞というグループは本当に全員頭の回転が速い。「こうなったら面白いだろうな」という展開を全員が頭の中で描いている。真のバラエティアイドルだなーと感心する。

特に私が笑いのセンスに感服しているのは渋谷すばるくんなのだが、彼は人見知りなのが、外仕事(他のタレントに混ざるバラエティ)ではあまりその面白さが発揮されていない。

しかし過去にやっていた「関パニ」や、DVD特典の「メンバー寝起きドッキリ」では神がかっている。メンバーだけのバラエティとなると、人見知りが出ないので本来の実力でのびのびとやれるのだろう。


JUMPも、この「人見知り」「内弁慶」でかなり損をしているグループだと思っている。ヨコヒナのようにガツガツ前に出てほしいわけじゃないけれど、JUMPメンバーがバラエティに出ると「自分のキャラが出せてないな〜」ともどかしく思うこと多々ありなのだ。


話を戻すとこのいきなりドッヂボールという企画、ふっつーにメンバーが部屋で雑談している時に突然ボールが降ってきて、その瞬間ドッヂボールの始まり、という内容だ。

単純に、落ちてきたボールを拾った人が有利なので、奪い合ったボールを手にした瞬間優位な立場となるメンバーの豹変っぷりが面白い!

また、ボールを手にした瞬間に近くの人にすく投げつけるタイプや、逃げまとうメンバーを焦らして投げつける相手をじっくり選ぶタイプなど、個々の性格が現れて面白い。


3回ぶつけられた人が負け。裏切ったり、騙されたり、駆け引きをしたり。誰かがぶつけられてひと段落つけばまた新たなボールがどこからか落ちてくる。ひとつの小さな部屋の中でボールをめぐって様々なドラマがテンポ良く起こり、笑いが絶えない。


ちなみに錦戸くんがコソキド(すぐに仲間を売る姑息な錦戸の略)と呼ばれるくだりがツボだったw



一番のお気に入りはこのシーン。落ちてきたボールを手にしたのはすばるくん。すばるくんはボールを手にしたことで興奮して凶暴化。他のメンバーはすばるくんにボールをぶつけられまいと逃げまとう中、

f:id:inookei2527:20151017184149j:plain

「(とりあえず)一回くるむわ!」


f:id:inookei2527:20151017184202j:plain


ドSのヒナが、すばるを大きな布でくるむw

身動きできないすばるw


すばるの攻撃を封じ、他のメンバーは安心して爆笑w

f:id:inookei2527:20151017191714j:plain



先ほど、いたジャンのスタッフに見せてやりたいと書いたが、果たしてこんな面白い企画がJUMPに舞い降りたところでJUMPがここまで面白く立ち回れるかというと自信は無い。

だけど、「いいこちゃん」で「なかよしこよし」なJUMPとは一味違う、こんなJUMPちゃん達が見たいなあ。


やっぱり関ジャニ兄さんは偉大です。





<追記>

昔読んだ広告業界の本で、「当たる番組とは、具体的に一言で説明できることが条件」と書いてあった。

「笑ってはいけないシリーズ」は、その名の通り「なにがおこっても笑ってはいけない番組」。

「逃走中」は、「追いかけてくる人から走って逃げる番組」。

果たして、いたジャンは?いまのいたジャンを、具体的な一言でこんな番組ですと説明できるかな?