玉ちゃんは、なぜここまで売れたのか。

玉ちゃんはあまりに売れすぎた。もはや映画の主演とドラマの主演、舞台の座長が同時期にかぶっちゃうくらい売れた。単独CMも経験し、コンサートでは玉ちゃんにケタ違いの歓声とうちわ。口数が少なく、キスマイの後ろの端っこだった玉ちゃんが、今やキスマイのフロントとしてセンターとして藤北ツートップにかすむことなく立っている。

玉ちゃんが売れた理由。それは「求められるものに確実に応えてきた」から。玉ちゃんはあまり口にはしないがかなりストイックで、内に秘めたる情熱(というか負けず嫌い)がある人だと思っている。ふわふわした空気感の裏で実は「好き嫌い」「良い悪い」がはっきりしている人。かつて中居くんに「(撮影時に)脱げと言われたら脱ぎます」と淡々と答えたり、「(少々寝なくても)俺の体は大丈夫」とキスログに書いたりと、仕事に対するプロ意識も高い。
もちろんSMAPのバーターを経て知名度をこつこつあげてはきたけど、やっぱりここまで登りつめたきっかけは一回一回のチャンスを確実にものにしてきた結果だと思う。
そして私の中で特に大きかった契機は「信長のシェフ」と「黄金伝説1万円生活」。いやーテレビ朝日さんの力なくして、玉ちゃんはここまで来れなかったですきっと。テレ朝さんありがとう。
信長のシェフでは時代劇の中でケンという素朴な好青年を演じ、ビジュアル的に人気を博した。続編が出た時点で玉ちゃんがいかにスタッフさんに気に入られたか理解した。(その点でTBS美男ですねは玉ちゃんの良さを生かし切れなかったと思う。なんせ主人公のキャラが実際の玉ちゃんと違いすぎるw前髪も完全に失敗)
そして黄金伝説一万円生活では節約のために玉ねぎを買い込むことで結果的に玉ねぎだけで生活するハメになり、バラエティ的に玉ちゃんの天然が生きた。
ひとつひとつの仕事で、求められているものに確実に応え、爪痕を残して、キャラクターが定着して、次のお仕事が来て。引っ込み思案だったかつての玉ちゃんはもういない。

私はいのちゃんが今、売れるプロセスとして玉ちゃんの後をなぞっていると思う。玉ちゃんよりも全然バラエティ寄りなんだけど(玉ちゃんはこれからますます俳優寄りに活動していくはず)、ひとつひとつの濃いお仕事が来てる。いのちゃんが置き猫にならず、奔放な部分と頭のキレる部分をしっかり出して、発言がしっかり使われてスーパーに載ってくれることを願ってる。

ちなみに玉ちゃんは正直歌もダンスも上手い方ではなく、でも本人は自分を下手だとも思ってなくて(はい愛しい)、そのへんにもいのちゃんを重ねて見てしまうw
いや、それでもほんと昔に比べたら段違いに上手くなったんだけどね。
それでもやっぱり歌割りがあること、ソロ曲があることが上達の鍵だったように思う。ここまで歌う機会ないと上手くならないもんだよ。だからJUMP初期に歌割りが無かったいのちゃんが気の毒で仕方ない。運営側が上手くなる機会奪っちゃってんだもん。
そんな玉ちゃんがなぜ歌番組でもフロントか。それが、玉ちゃんが「カッコ職人」と呼ばれるゆえんであるwキスマイには藤北という圧倒的存在のリードボーカルがいる(というかそういう設定。私の個人的な歌声の好みは藤北よりも断然ニカ)中で、玉ちゃんは歌詞の中のカッコの部分を担当することが多い。例えばare you ready?(ready?)の二個目のreadyとか。歌がうまいどうこうより、映る機会の増えることを重視した視覚的ポジション。どうかいのちゃんにもこのポジションを与えてやってください。いい仕事します彼。

分析ともいえないくだらない呟きを書いたけど、要は今いのちゃんはかなーりいい感じの山を登ってるってこと。玉ちゃんがそうだったように、いのちゃんにも頂上から光が降り注いでる。がんばれ、いのちゃん。私にはオンエアを確認して愛でることしかできないけど。今の頑張りがきっと、年末の特番を掴むことになるから。

そしていつか地上波で肩を組むいの玉が見れたら。わたし絶対泣くやつ。全米泣くやつ。