読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

JUMPとキスマイ

JUMPの仲良しこよし感に癒される


キスマイは、だいたいの場面が宮っちがいるから成り立っている。

その点で宮田俊哉という男は偉大な人間だと思う。

宮っちをけなして、ディスって、お笑いの真似事のようにして。

宮っちが自虐に走ったり、一発ギャグでスベってくれるおかげで、キスマイの「トーク力」というものがメッキが剥がれることなく済んでいる。

わたしは玉担だったけど、この宮っちイジリが本当に嫌だった。

誰より頭の回転が早い宮っち。だけど本当は少しだけ二枚目な自分が捨てきれない宮っち。

そんな宮っちが私は好きだ。

宮っちは、ライブの大喜利とか見てると北山みっくんより全然回しが上手い。

MC向いてると思う。

宮っちにはもっともっと沢山の外仕事が来てほしい。


JUMPには、この「誰かひとりをボロクソに犠牲にして」感が無い。そこが好き。

圭人イジリにも明らかな愛がある。


さらに言うなら、宮玉、わたたいのこれみよがしなBL感も受け付けない。

たいぴー好きだけど、たいぴーのわざとらしい「わた、わた」がほんと無理だった。

だからJUMPにもわざとらしいビジネスイチャイチャとか求めてないです。

男子校ぽい仲良しこよし加減。ウケ狙いのイチャイチャ。今くらいでいてほしい。


なんてことない呟きでした。