そし誰予告

f:id:inookei2527:20160617083642j:plain


f:id:inookei2527:20160617083651j:plain


日下、何者…!

これもしや、めちゃめちゃ良い役もらえたのでは?!

いたジャン〜ちょい足し結婚式

不定期MCいのちゃんに戻ってきましたー!

いのちゃんさすが、テレビ慣れてきたね〜!

冒頭の進行も落ち着いてるし、カンペ読むのも自然だし、何より目が泳がない!

やっぱり場数が増えると成長も早いのですね( ^ ^ )


そんなわけで今回は、結婚式の定番に工夫をちょい足しして盛り上げようという企画でした。

ファーストバイトでは山ちゃんが新婦。

かわいい!とにかく顔が可愛い!女装が相変わらずとんでもなく似合うし、たくましい肩や腕が男を隠しきれてないのもまた良し(笑)

そして裕翔の顔の小ささにびっくり。


次がブーケトスならぬブロッコリートスなんですが…列席者役役の山ちゃんと光くんが「チャラい列席者です!」と自虐してます。

ぎこちなくピースサインしてみる光くん…チャラくなりきれてないよ(爆)好き!!!

そして反対にチャラさ全開な山ちゃん。

ブイブイっつってぇ〜。開けちゃおっかな〜?なんつってぇ〜」

いやめっちゃかっこいいいいいい。卒倒。チャラい演技もおてのものなのね。光くんとは違った意味で逆に好き…。

ちなみに私この山ちゃんにトキメキすぎて50回くらいこのシーンをリピりましたw

肝心のブロッコリートス、光くんが取るはずが列席者役の見知らぬスタッフが見事ジャンピングキャッチ!山ちゃんの「お前だれやねーん」面白すぎた(笑)いやほんと誰(笑)


最後はフラワーシャワーからの、30m離れた鐘をサッカーのシュートで鳴らすというスゴ技ちょい足し。可愛らしい新婦・大ちゃんをお姫様だっこして登場した新郎山ちゃん。大ちゃんを乱暴に下ろした後、「痩せろブス!おめーよ!」とキレる山ちゃんが、私の好きな山ちゃんなんだよね…w

そんな素朴な花嫁の大ちゃんを指して光くんが「ちょうどいいブスなのよ」って(笑)ピュアな光くんにも「ちょうどいいブス」なんて概念あったのね!!!

シュートは何度もチャレンジし、靴を変えた瞬間見事成功!鐘が鳴って大盛り上がりでした。カメラに向かって嬉しそうに笑う山ちゃんかっこよすぎたし、山ちゃんのほっぺに熱烈なチューした後の大ちゃんもかっこすぎるから!!!(笑)チューした後の大ちゃんの顔!一瞬映るの、見て!花嫁さんから男の子に戻ってる、「してやったぜ」的な大ちゃんかただただかっこよすぎる!!!

私はやっぱり女装した可愛い大ちゃんよりも、少年ぽいオス岡さんが好きみたいです。アルバムのありやまユニットも、超絶かっこいいダンスナンバー来ますようにって密かに願ってる♡


今回のいたジャンもおもしろかったです。ファン向けの回だったかも。でも満足でした〜♩

アルバム解禁!!!

JUMPのニューアルバム「DEAR.」

やっと解禁きましたね!!

待ちくたびれましたよ〜( ^ ^ )

今回もマジサンに続き、とんでもない初動売上になる予感…!


でも発売日の翌日がツアー初日だなんて、タイトなスケジュールになりそうですね。予習する暇もない!

上海国際映画祭ノミネート

裕翔、最優秀主演男優賞ノミネートおめでとう!

最近はみなさんのブログにも、たくさんのおめでとうが散りばめられていて嬉しいばかりです。

ピングレの裕翔すごく好きだったな。

上海国際映画祭は、昔大好きだった「リリイ・シュシュのすべて」もたしか何かの賞をとったとかじゃなかったかなあ?

学生だった私にはストーリーの衝撃が強すぎたけど、何度もレンタルして見ました。岩井俊二監督の映画は映像が綺麗で昔からすごく好きなんだ。

岩井俊二監督、どうか裕翔を見つけてくれませんか?儚げに撮ってほしい!


個人的には光くんのお芝居の仕事を心待ちにしているんだけど…。

どうもこうもないよ、好きなんだからさあ

大ちゃんヘアカタ表紙おめでとう!!!


嬉しいよ大ちゃん。夢を言葉にするっていうのは本当に大切なんだね。証明してくれてありがとう。私は大学の卒論テーマが「言霊」でして、ことだまっていうのは本当に存在するものだと思ってる。


かく言う私も毎日社会に飲み込まれそうになりながら頑張ってますよ。仕事をやめるっていうのは、例えるなら自分の力で学校を転校する(しかも次の学校への申し込みも自分でする)ようなもので、それはもう大変。新しい学校に、「私これできます!あれできます!だから入学させてー!」とお願いしたところで、「それしか出来ない人は要りませーん」って門前払いだからね。転職したいなあと思いつつ目の前の仕事を頑張ってしまう世知辛いOL生活よ…そりゃ娘も「ママ大丈夫?伊野尾くん出てるよ!元気だして!」て言うはずだわ(笑)



だから私も言霊を信じて毎日唱えてます。「JUMPくんに会える!」と。コンサートの当落はまだですが、会える会えると唱えながら日々やっていきますよ。仕事では、ノルマという、ひとりが会社のために1ヶ月で出さないといけない利益というものがあります。あと何件…あと何件…もう無理だー!ってなったときはベンチでJUMPの曲を聴いてエネルギーをチャージして。社会人ジャニオタ、こうして頑張ってるんだよ?気づいてんのか、伊野尾さんよ?

そもそもノルマに追われたくないっていうそこの学生のあなた!理系に進むんだ!文系の負け組おばさんの私が言うのだから間違いはないぞ!


光くんの下の歯並びは綺麗になってて、これからぶくぶく太ってほしいなと思ってます。いたジャンの山ちゃんの、チャラい列席者に心持ってかれてます。裕翔のドラマも見るよ。いのちゃんのドラマもね。(ちなみに私はいのちゃん派です。ちねぺ参照)

スク革の新入生が圭人だったら嬉しいな。



この夏も君たちと寄り添って生きてくのだ。いつもありがとう。新曲いつ?(トンチキソングは無かったことに)

セカムズ小瀧くん

今期の大野智主演ドラマ、セカムズに

WESTの小瀧くんって子が出てるんだけど

この子、







ポテンシャルはんぱなくないですか?







とにかく俳優センスのすごくある子なんだな、と度肝抜かれました。若くてイケイケでチャラい社員。世の中ナメてる感じだけど、やたら憎めない。上司に怒られても満面の笑顔で部屋を出て行く。かわいい!なにこのひと!19歳?うそだろっていう一連の流れはもうとっくに終えました(爆)


この大野くんのドラマに、バーターで後輩も出演するって噂が流れた時、「いのちゃんだったらいいな」って思いました。すぐに小瀧くんだと判明して「がっかりしたな。まぁでも小瀧くんかっこいいから見るか」って程度でした。でも今思うと、あれですね。この役、伊野尾くんじゃなくてよかった(言った)

小瀧くんめっちゃ上手です。豪華な俳優陣に引けを取らない、期待以上のポテンシャルでした。

そりゃ隣のデスクの女優さんに、ウインクしたり壁ドンしたりする いのちゃんも見てみたかった気もするけど、にしても小瀧くんがハマり役すぎて私はもう感動しましたね。今後オファーあるだろうなって。彼の進む未来は明るい!


いのちゃん出演の「そし誰」、裕翔の「HOPE」もとっても楽しみです♩


いたジャン〜自転車とお留守番

いたジャン1時間SPは、とりあえず、わたしの2016年上半期の中でダントツ1位の神企画でした。
とにかく最初から最後まで涙が止まらなかったし、なんなら先週の予告から私は泣いてました(笑)
ゴールデンか昼間でやってほしかった。深夜で地域限定なんてもったいなさすぎる。
あ、でもそうしたら子供達にバレちゃうからだめか。

今回は、JUMPが姿を現さずに陰ながら子供たちの苦手を克服するということで、
裕翔、薮くん、大ちゃんチームが男の子の自転車練習をサポート。
ゆーや、圭人、光くんチームが、男の子の初めてのお留守番をサポートしました。

なんせ1時間なんでレポする元気は無いんですけど、とにかく私のMVPは裕翔と大ちゃん!
優しさにあふれてて、アイドル番組という枠を超えてた。普段はアイドルありきの企画も多いけど(これファンしか楽しくないだろうな、ってやつ)、今回はそうじゃなかった。
裕翔は自転車の妖精チャーリーとなって、声だけで男の子に寄り添うの。かける言葉のひとつひとつが優しくて、おもいやりにあふれるものばかり。最初、チャーリー(裕翔)は距離を縮めるために、ダースベーダーのモノマネをするの。そこで男の子がリアクション薄くて裕翔がすべったんだけど、すべった後の吹き出す裕翔が可愛すぎて可愛すぎて!
男の子はそんなチャーリーにすぐに気を許して、ひたすら練習します。
そしてその隣で、声は発せないけど表情をころころ変えながら応援する大ちゃん。一緒に悔しがったり、一緒に笑ったり、大ちゃんの素敵なところたくさん出てました。思えば24時間テレビで義足の少年に接する大ちゃんが大好きで。その大ちゃんにまた出会えたような気がして涙が止まらなかったよ。


自転車に乗れるようになっても、チャーリーと離れたくない男の子。
消え入りそうな声で、「帰らないで」と。
「一緒にいたいから」と言われ、黙って顔を見合わせるモニタリングのありやぶ。
そして「今度は、何曜日に喋るの?」
もうビール飲みながら涙腺崩壊(いや飲んでんのかい)。

もうチャーリーは喋らないんだよ。
もう会えないんだよ。
でもチャーリーがいなくなったって、この瞬間はずっと続くんだって思えたんだ。
わたしにはその瞬間が永遠のように思えたんだ。

チャーリーとはお別れしたけど、後日ばりばりに自転車を乗りこなしている男の子のVTRが流れて、
裕翔スタジオでも泣いてました。
わたしは、なぜか、この姿を見て、やっと本当の意味で裕翔を許せたよ。

私たちが見ている姿なんて虚像かもしれない。
アイドルは作り物だから。
人柄も、エピソードも、私たちは自分の良いようにカスタマイズできるから。
良いものだけ残して、悪いものは切り捨てて。
年上女にどっぷりハマってお酒に溺れちゃう姿が本当のあなただとしても。
わたしはそんな綺麗な涙を流せるあなたを、これからもあなただと信じたい。


正直、前回のいたジャン(セレブランチ編)は見返せませんでした。
事件翌日の明らかに元気のない裕翔と、それをいつもより元気よく振る舞って支えるお兄ちゃん達。
今思えばその時、わたしは不快な気持ちをぬぐえてなかったんだと思います。
だから純粋な気持ちで番組を楽しめなかった。

そんなタイミングでの今回の放送。
深夜にやるにはもったいないくらい心が洗われたよ。
番組プロデューサーのツイッターにお礼つぶやきたいくらいでした(笑)
放送上かなりカットしてると思うけど、あの状態で3時間も子供に全力で声かけるのって実際大変だったと思う。
本当に、おつかれさまでした。素敵でした。

これからも、この苦手克服企画は大事にしてほしいな。